会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

福江YEG 平成29年度 会長 片岡 聖皓

 

Ⅰ.スローガン

『 替天(たいてん)行(ぎょう)道(どう)~地域を創る若い力と絆~ 』

 

Ⅱ.所   信

現在、五島市のみならず日本において「地方」と呼ばれている地の経済は決して安定している状態ではない事は皆様ご存じのとおりです。日本国内は人口減少、少子高齢化、所得格差と教育格差、年金や生活保護を含めた社会保障費の拡大、経済においては中央への企業集中、デフレーション、インターネット通販の拡大による店舗売り上げ・雇用減少等、様々な問題を抱えており、私達がこの五島の地で後継者としてまた青年経済人として企業し続けるには大企業以上の努力をしなければ継続しがたい社会状況となっております。

ここ五島市では平成29年4月1日より国境離島新法が施行され、交通運賃の低廉化、起業・事業拡大支援による雇用の拡大など地域経済活性化の起爆剤となることが期待されます。また、海洋エネルギー事業、キリスト教関連遺産の世界遺産への正式推薦など五島には多くの可能性を持った地域資源があり、それは私達経済人にとって大きなビジネスチャンスに繋がるもので、それらを生かすも死なすも私達次第です。地元企業の私達の創造性と発想力で以て、少しでもこれらの起爆剤のボタンを押す役割を果たし、五島経済活性化へ繋げなければなりません。

私は29年度のスローガンとして「替天行道~地域を創る若い力と絆~」としました。

“替天行道”とは中国史書の水滸伝に登場する運命に導かれた108人の義賊が掲げる旗印に書かれている言葉で書物の中では天に替わって不正を正す意味として使われています。私はこの言葉を、“他力本願ではなく自分達の力で道を創り歩み続ける”という意味で使います。会員それぞれ仕事や家庭で多忙の中、福江YEGとして様々な事業やボランティアをこれまで行ってきました。自分自身の成長の為、地域貢献の為、仕方なく、意識はいろいろでしょうがそれでも私達は固い絆と結束で以て行って来ましたし、これからも新しい事業に挑戦し続けて行かなければなりません。一つ旗の下、YEG活動を通じて人から仲間から学び教えを請い個性を伸ばし、相互研鑽し仕事も伸ばす、そんな福江YEGを目指します。1年間微力ながら頑張ります。皆様宜しくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © 福江商工会議所青年部 All Rights Reserved.